UEFAチャンピオンズリーグ2014-2015 決勝トーナメント1回戦 第1戦結果


UEFAチャンピオンズリーグ2014-2015
決勝トーナメント1回戦(第1戦)

2月17日(火)
パリ・サンジェルマン 1-1 チェルシー
[得点]
パリ・サンジェルマン:54分エディソン・カバーニ
チェルシー:36分ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ

ホームにチェルシーを迎えたパリ・サンジェルマンは、前半に先制点を許すも後半にカバーニのゴールで同点に追いつき、引き分けに持ち込んだ。昨年も準々決勝で相まみえた両チーム。チェルシーは36分にイヴァノヴィッチのヘディングシュートで先制に成功した。しかし、後半に入るとパリ・サンジェルマンがゲームを支配し、54分にこちらもカバーニがヘディングシュートを決めて同点に追いついた。パリ・サンジェルマンは8年間、32戦に及ぶ欧州カップ戦のホームゲームでの無敗記録を継続。パリ・サンジェルマンは第2戦に望みをつないだ。

NEWS_PH_20150227_1

シャフタール・ドネツク 0-0 バイエルン・ミュンヘン
[得点]
シャフタール・ドネツク:
バイエルン・ミュンヘン:

バイエルンをホームに迎えたシャフタール・ドネツクにとっては今年最初の公式戦だったが、強豪を相手にスコアレスドローに持ち込み、最高のスタートを切った。試合はバイエルンが60%近いボール支配率で主導権を握るも、この試合でチャンピオンズリーグ通算100試合出場を果たしたシャビ・アロンソがレッドカードを受けて退場。10人となったバイエルンに対し、シャフタール・ドネツクは集中した守備を見せて得点を許さなかった。

 

2月18日(水)
シャルケ 0-2 レアル・マドリー
[得点]
シャルケ:
レアル・マドリー:26分クリスティアーノ・ロナウド、79分マルセロ
レアル・マドリーは、エースのクリスティアーノ・ロナウドらが得点を挙げて敵地で勝利を収め、今大会の連勝を7に伸ばすとともに、1回戦突破に向けて大きく前進した。ホームのシャルケは序盤から鋭い出足を見せ、25分にはフンテラールが強烈なシュートを放つなど期待を抱かせる戦いぶりを見せたが、その1分後にはロナウドがヘディングシュートを決めて先制。追いつきたいシャルケも攻勢を仕掛けるが、内田篤人のお膳立てからプラテの放ったシュートはクロスバーに嫌われ、こぼれ球を拾った内田もゴールを割ることはできなかった。終盤に2点目を奪ったレアル・マドリーは、優位な状況でホームでの第2戦を迎える。

NEWS_PH_20150227_2

バーゼル 1-1 ポルト
[得点]
バーゼル:11分デルリス・ゴンザレス
ポルト:79分ダニーロ
ホームのバーゼルは、ゴンザレスが今大会3点目となるゴールで先制。最初の攻撃となった11分、ファビアン・フライからの浮き球のパスを受けたゴンザレスは、見事なボールタッチで相手をかわし、見事に相手のゴールネットを揺らした。このまま試合は、ホームのバーゼルが堅守で逃げ切るかと思われたが、ポルトはセットプレーで見せ場を作るなどして反撃。そして79分にPKのチャンスを得たポルトはダニーロがきっちり決め、アウェイゴールのアドバンテージを手にしてホームでの第2戦に臨むこととなった。

 

2月24日(火)
マンチェスター・シティ 1-2 バルセロナ
[得点]
マンチェスター・シティ:69分セルヒオ・アグエロ
バルセロナ:16分、30分ルイス・スアレス
アウェイに乗り込んだバルセロナが、スアレスの2ゴールでマンチェスター・シティの反撃を1点に抑えて勝利を収め、優勢な立場で第2戦に臨むこととなった。昨季までリヴァプールでプレーしていたスアレスに前半で2ゴールを許したマンチェスター・シティは、後半に入ってリズムを取り戻し、69分にアグエロがファインゴールで1点を奪う。74分にガエル・クリシが2枚目のイエローカードで退場となったマンチェスター・シティは、メッシにPKを与えるピンチを迎えたが、これはGKジョー・ハートが好セーブ。苦しみながらもマンチェスター・シティは第2戦に小さな望みをつないだ。

NEWS_PH_20150227_3

ユヴェントス 2-1 ドルトムント
[得点]
ユヴェントス:13分カルロス・テベス、43分アルバロ・モラタ
ドルトムント:18分マルコ・ロイス
リーグ戦で苦しい戦いが続いていたドルトムントをホームに迎えたユヴェントスは、13分にテベスが先制ゴールを奪取。その直後の18分にユーヴェはマルコ・ロイスに同点弾を許すが、前半終了間際の43分にポグバのグラウンダーのクロスをモラタが押し込んで2点目を奪う。後半は両者ともに決定機を作り出すことができず、終盤にユーヴェが迎えたチャンスもテベスがシュートを外して試合終了。ユーヴェの1点リードで第2戦を迎えることとなった。

 

2月25日(水)
レヴァークーゼン 1-0 アトレティコ・マドリー
[得点]
レヴァークーゼン:57分ハカン・チャルハノール
アトレティコ・マドリー:
手負いのアトレティコ・マドリーを尻目に、レヴァークーゼンがハカン・チャルハノールのゴールでリードを奪った。両者ともに前半からチャンスを作り出すも得点が生まれず、緊迫した展開が続いた。そんな中、敵地に乗り込んだアトレティコ・マドリーは38分にシケイラが、ハーフタイムにはニゲスが負傷で交代を強いられ、前半で左サイドの2選手が交代。さらに76分にはチアゴがこの日2枚目のイエローカードで退場となり、第2戦も出場停止となった。対するレヴァークーゼンは迎えた60分、ハカン・チャルハノールが強烈なシュートを叩き込んで先制。そのまま1-0で試合終了し、1回戦突破に向けて前進した。

アーセナル 1-3 モナコ
[得点]
アーセナル:90+1分アレックス・オックスレイド=チェンバレン
モナコ:38分ジェフリー・コンドグビア、53分ディミタル・ベルバトフ、90+4分やニック・フェレイラ・カラスコ
アウェイに乗り込んだモナコの攻撃が爆発し、3得点を奪ってアーセナルに快勝を収めた。前半にコンドグビアのゴールで先制したモナコは、53分にベルバトフが試合をより有利にする2点目を奪取。アーセナルは終盤にチェンバレンのゴールで1点を返し、次戦に向けて希望をつなげたかと思われたが、その直後にカラスコがダメ押しのゴールを決めて再び点差は2点に。後半は攻勢を見せたアーセナルだが、厳しい状況で第2戦に臨むことになった。

NEWS_PH_20150227_4


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »