UEFAチャンピオンズリーグ2014-2015 GL第2節(第1日目)結果



UEFAチャンピオンズリーグ2014-2015
グループリーグ第2節(第1日目)

グループE CSKAモスクワ 0-1 バイエルン
[得点]
CSKAモスクワ:
バイエルン:22分トーマス・ミュラー(PK)
昨シーズンに引き続き、グループステージでの対戦を迎えた両チーム。昨季はバイエルンの圧勝だったが、この試合は無観客に加えてゲームを支配されながらもCSKAモスクワが集中した守備で息詰まる展開に。しかし、CSKAモスクワは21分にゲッツェの突破を阻む際、マリオ・フェルナンデスが痛恨のファールでPKを献上し、これをミュラーが決めた。その後も両者は高い位置からのプレスで次の1点を狙ったが互いに譲らず、バイエルンが勝利を収めた。

NEWS_PH_20141001_01

 

グループE マンチェスター・シティ 1-1 ローマ
[得点]
マンチェスター・シティ:4分セルヒオ・アグエロ(PK)
ローマ:23分フランチェスコ・トッティ
初戦でバイエルンに敗れたマンチェスター・シティとしては、ホームで是が非でも勝利が欲しい状況で、幸先良く4分にアグエロがPKを獲得。これを自ら決めて先制点を奪う。しかし、その後はローマが反撃し、立て続けにチャンスを作り出す。そして23分、スルーパスに反応したトッティがGKの飛び出しを冷静に見ながらループシュート。CL最年長記録を更新するゴールを決めて、試合を振り出しに戻した。後半は互いに選手交代で状況を打開しようと試みるが、追加点は生まれず、シティにとっては痛いドローとなった。

NEWS_PH_20141001_04

 

グループF パリ・サンジェルマン 3-2 バルセロナ
[得点]
パリ・サンジェルマン:10分ダビド・ルイス、26分マルコ・ヴェラッティ、54分ブレーズ・マテュイディ
バルセロナ:11分リオネル・メッシ、56分ネイマール
イブラヒモビッチを欠きながらもパリ・サンジェルマンは前半から攻勢に出て、10分にFKからダビド・ルイスが先制点を奪う。しかし、バルセロナも12分にメッシが得意の突破から同点ゴールを奪い返す。バルセロナが盛り返すかと思われた26分、パリ・サンジェルマンはモッタのCKからヴェラッティが頭で決めて勝ち越し。後半に入って54分に、右サイドから崩したパリ・サンジェルマンが追加点を奪ったが、バルセロナもその直後にネイマールがゴールを奪って再び1点差に迫る。どちらに流れが傾くか分からないシーソーゲームだったが、最後は総力戦で守りきったパリ・サンジェルマンがバルセロナから白星を挙げた。

NEWS_PH_20141001_02

 

グループF アポエル 1-1 アヤックス
[得点]
アポエル:32分グスタヴォ・マンドゥーカ(PK)
アヤックス:28分ルカス・アンデルセン
初戦のバルセロナ戦を0-1で敗れたアポエルと、パリ・サンジェルマンに1-1で引き分けて貴重な勝ち点1を奪ったアヤックスの対戦。試合はアヤックスが高いポゼッションでアポエルを凌駕し、28分にはアンデルセンが先制ゴールを奪うなど、理想的な展開で試合を進める。しかし、32分にPKで同点に追いつかれると、リズムを掴みながら立て続けに警告を受けて波に乗りきれず、アポエルの守備陣を崩せないままタイムアップ。勝ち点1を分け合う結果となった。

 

グループG スポルティング・リスボン 0-1 チェルシー
[得点]
スポルティング・リスボン:
チェルシー:34分ネマニャ・マティッチ
立ち上がりからスポルティング・リスボンを圧倒しながら、なかなか1点が奪えなかったチェルシー。開始2分でジエゴ・コスタがGKと1対1の場面を迎え、22分にもアザールのパスにフリーで走り込んだシュールレがシュートを外すなど、自ら苦しい展開にしてしまう。ようやく34分にセットプレーから先制点を奪ったが、後半も相手の堅固な守備に苦しんだチェルシーは追加点を奪えずにタイムアップ。勝利はしたものの、課題も残る結果となった。

NEWS_PH_20141001_03

 

グループG シャルケ 1-1 マリボル
[得点]
シャルケ:56分クラース・ヤン・フンテラール
マリボル:37分ダムヤン・ボハル
ホームのシャルケは内田篤人をベンチスタート。シャルケは前半からポゼッションで優位に立つものの、フィニッシュの形が作れず、反対にマリボルは華麗なパスワークでシャルケゴールに迫る。37分にマリボルは、そのパスワークから先制点を奪うと、シャルケは後半開始から内田を投入。すると56分に内田からボアテングへのパスを奪取した相手選手が最終ラインへ戻そうとしたパスミスにフンテラールが反応。同点に追いついたが、追加点は奪えずドローに終わった。

 

グループH シャフタール・ドネツク 2-2 ポルト
[得点]
シャフタール・ドネツク:52分テイシェイラ、85分アドリアーノ
ポルト:89分、90+3分ジャクソン・マルティネス
ホームで迎えた初戦でバテから6ゴールを奪う快勝で、最高のスタートを切ったポルトと、初戦をアウェイでスコアレスドローに終わったシャフタール・ドネツクの対戦。ホームのシャフタール・ドネツクはポルトにボールを支配され、守勢にまわる時間帯が長く続いたが、52分と85分にゴールを奪う理想的な展開に持ち込み、勝利は間違いないかと思われた。しかし、終了間際にポルトはジャクソン・マルティネスが立て続けに2ゴールを挙げて劇的な同点に持ち込み、シャフタール・ドネツクにとっては勝てた試合を落とす結果となった。

 

グループH バテ 2-1 アスレティック・ビルバオ
[得点]
バテ:19分ジャニス・パリャコウ、41分アレクサンドル・カルニツキ
アスレティック・ビルバオ:45分アドゥリス
初戦のポルト戦で大敗を喫したバテだったが、この試合はアスレティック・ビルバオに対してポゼッションでもほぼ互角の戦いに持ち込み、シュートの正確性では相手を上回る鋭い動きを見せた。ホームの地の利を活かして前半に2点を奪うなど、思惑通りの展開で試合を優位に進めた。アスレティック・ビルバオも1点を返したが、後半も高い集中力で追加点を許さなかったバテが最後までリードを守りきって勝利。待望の勝ち点3を手にした。


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »