南米対欧州、準決勝進出チームが決定!

fe_news_201407067月5日(日本時間7月6日)、ブラジルW杯は準々決勝4試合を終えて、ベスト4進出チームが決定した。

4日に行われた試合で、最初に準決勝へと駒を進めたのは、フランスとの欧州対決を1-0で制したドイツ。続いてコロンビアとの南米対決を2-1で制したブラジルが続いた。5日にはアルゼンチンがイグアインのゴールでベルギーを下して24年ぶりとなる準決勝進出を決めると、続くオランダ対コスタリカの一戦はPK戦をオランダが制して、前回大会に続いてベスト4進出を果たした。

準決勝のカードは以下の通り。

7月8日(7月9日)

17:00(5:00)KICK OFF ブラジルvsドイツ

7月9日(7月10日)

17:00(5:00)KICK OFF オランダvsアルゼンチン

※ ()内は日本時間

準決勝のカードはともに南米対欧州という構図になった。ドイツと対戦するブラジルはネイマールが腰椎を骨折したことで欠場が決定しており、エース不在の穴をどう埋めるかが懸念される。また、オランダと対戦するアルゼンチンもアンヘル・ディ・マリアがベルギー戦で負傷しており、状況によっては欠場を余儀なくされるため戦力ダウンは否めない状況となっている。


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »