開幕戦への意気込みを語るスコラーリとネイマール

fe_ne_20140611_01

クロアチアとの開幕戦を目前に控えた6月11日(水)、ブラジルのルイス・フェリペ・スコラーリ監督とFWネイマールが試合前日の記者会見に臨んだ。

ブラジルは最多5回の優勝に加え、開催国とあって2002年日韓W杯以来となる6度目の優勝に期待がかかっている。

国内ではデモが起こるなど、W杯開催に反対する声もあるが、スコラーリ監督は「すべてのブラジル国民に伝えたい。時は来た。これは私たちのW杯である」と力強くメッセージを送った。

2002年日韓W杯でトロフィーを掲げた指揮官は、さらに優勝するには7つのステップがある。7つのステップを飛び越えることはできない。まず、明日、最初の一歩だ」と、開幕戦となるクロアチア戦への意気込みを語った。

また、スコラーリ監督とともに登壇したネイマールは自身初となるW杯に向けて次のように語っている。

「もちろん、緊張はしている。ただ、ここにいられることを本当に幸せだと思っている。難しい試合になるだろうが、そのために100%仕事をする。目指すのはW杯で優勝することだ。僕らチームはその夢を実現できるように助け合っている」

クロアチアとの開幕戦、グループステージ第1戦は、現地時間で6月12日(木)17:00キックオフ。日本時間で6月13日(金)5:00にキックオフする。


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »